• WILLWORKS

アパレル業界で活躍する!デジタルマーケティングの仕事と必要なスキル|転職情報

これまでのアパレル業界のマーケティングは数値化(定量的)に偏りがちでした。確かに顧客数や売り上げなど状況の数値化は誰でも「理解しやすい」という利点があります。しかし従来のマーケティング法ではユーザーが”真に求めるもの”が分かり難い傾向にありました。既成概念にとらわれない新しいアイデアを出すには、従来の方法を脱する必要があります。アパレル業界では、ユーザーの「心を動かす」にはどうすればいいかをより追求していくことが求められています。つまり、必要とされるものが、数値化できる定量的要素から、”感動”のヒントを得るための定性的要素へと変化したのです。昨今のアパレル業界では、特に「バーチャル試着」や「コーディネートアプリ」などSNSを活用したデジタルマーケティングが注目を集めています。そこで今回は、アパレル業界のデジタルマーケティング職の仕事内容や役立つスキルや資格、キャリアプランなどをご紹介します。


アパレルのシステムエンジニア

デジタルマーケティングとは?

デジタルマーケティングとは、検索エンジンやWebサイト、SNS、メール、モバイルアプリなど、あらゆるデジタルテクノロジーを活用したマーケティングを指しています。そしてデジタルマーケティング業務を担当するのがデジタルマーケターという職種であり、デジタルマーケターは、Webサイト、スマートフォンアプリ、インターネット広告、SNS、チャットサービス、メールマガジンなど消費者が利用する様々なデジタルチャネルを活用して、商品やサービスのプロモーションを実施し、ブランディングや好感度の向上につながる施策を実施します。


デジタルマーケティングとWebマーケティングの違い

Webマーケティングとは、Webサイトを通じて行われるマーケティングのことを指します。Webマーケティングの取り組みとして行われる主なものには、Webサイトの作成、SEO(検索エンジン最適化)、デジタル広告の配信や管理、SNSマーケティングなどがあります。一方、デジタルマーケティングは、Webマーケティングよりも包括的な概念です。つまり、Webマーケティングの取り組みだけでなく、ユーザーがデジタルディバイスを通じて行動するあらゆる面を網羅しています。主にスマホやタブレットを通じてのユーザーの行動履歴、地図アプリなどのアプリを通じての行動履歴、商品の購買履歴などの包括的なデータ分析などもデジタルマーケティングに含まれます。デジタルマーケティングを活用することで、多様なチャネルを通じて顧客と接触することが可能になります。


アパレル業界のデジタルマーケティング職の主な仕事内容

業務1. SNSやデジタル広告等の運営・管理|アパレル業界のデジタルマーケティング職

アパレル業界の情報発信ツールとして特によく使われるサービスがFacebook、Twitter、Instagram、LINEなどです。SNSを通して情報発信することで、ファッションや衣料品に興味を持つ消費者に的確にリーチする事が可能です。またデジタル広告は、希望のオーディエンス層に訴求するために、広告キャンペーンの内容を自在にカスタマイズしたり、効果を測定したりする事ができます。広告の入札以外にも、自社と似たページにエンゲージしたり、類似コンテンツをシェアしたりするだけでも自社ブランドの認知拡大に大きく役立ちます。使用する媒体全てに対し、包括的なマーケティング行い、必要に応じて最適化を続けていく事で、商品の売り上げに繋がっていくのです。


業務2. 購買促進に繋げるキャンペーン等の企画・立案|アパレル業界のデジタルマーケティング職

販売促進のためのキャンペーンなどを企画・立案することも需要な仕事です。販売戦略もアプリを活用し店舗と顧客の繋がりを強めるものへと変化しました。アパレル業界でもEC※市場は拡大を続けており、企業とユーザーを繋ぐチャンネル(流通経路)も見直されています。最近では、さまざまな販売チャネルを連携させて、実店舗やオンラインを問わず顧客がどこからでも商品を購入できるようにする「オムニチャネル販売戦略」を導入するアパレル企業も増えています。デジタルマーケターには、SNSを駆使しながらさまざまな部署と分野と連携し、更なる顧客満足度向上を狙うことが求められます。


※ECとは?

Electronic Commerceの略。インターネット上でモノやサービスを売買すること全般を指し、「インターネット通販」や、「ネットショップ」などを総称したものがECと言われています。

(参考:未経験からアパレルECサイトの担当になるには? https://willworks.tokyo/ff/2297/


アパレルのEC

アパレル業界のデジタルマーケティング職に求められるスキル

スキル1. 企画、プランニング力|アパレル業界のデジタルマーケティング職

アパレル業界のデジタルマーケターの必須スキルが企画力です。実施目的や背景に応じて、期待効果や予算を加味して、実現可能なマーケティング施策を立案できる高いプランニング能力が求められます。商品のプロモーション企画を行う場合は、情報収集力も重要です。デジタル広告の主要な配信メディアや技術トレンドは移り変わりが早いため、消費者との適切なコミュニケーションをとるためのツールや伝達手法の選定、効果的な予算配分やプロモーション実施のためにも、常に最新のメディア情報に精通している必要があります。


スキル2. 論理的思考・データ解析力|アパレル業界のデジタルマーケティング職

インターネット広告のクリック数やコンバージョン数、購買データやサイトのアクセスログ、店舗データなど、複数のデータを結合して分析し、新たな顧客セグメントを見つけ広告効果を測定するためには、なによりも論理的思考が求められます。集められたデータ整理し、仮説を検証するために必要な消費者行動やトレンドを導き出しすためには、どんな指標を定め、どこに着目すべきか、正しくデータを解析する力も不可欠です。


スキル3. コミュニケーション力|アパレル業界のデジタルマーケティング職

さまざまな事象を数値であらわすことができるデジタルの世界においても、適切な訴求内容やクリエイティブの良し悪しを判断する際には、他部署の人々とのコミュニケーションは欠かせません。そのため、デジタルマーケターにも交渉力や協調性といった高いコミュニケーション力が備わっているかが重要視されます。


アパレル業界のデジタルマーケティング職への転職に役立つ資格

1. マーケティング検定|アパレル業界のデジタルマーケティング職

公益社団法人日本マーケティング協会主催の、マーケティング能力を測定するための試験です。できたばかりの資格で2019年現在では3級のみですが、2020年4月に2級試験、2021年春には1級試験がスタートする予定です。

(参照: Japan Marketing Association https://www.jma2-jp.org/marken


2. ファンダメンタルマーケター資格|アパレル業界のデジタルマーケティング職

ダイレクトマーケティングについての体系的な知識と実務で使えるノウハウが得られます。デジタルメディア、分析といった、デジタルマーケティングの領域もカバーできるため、デジタルマーケターを目指す方に最適です。10のカリキュラム受講後、修了テストに合格することで資格を取得できます。

(参照: Fusion https://www.fusion.co.jp/dcfm/


アパレル業界のデジタルマーケティング職へのキャリアプラン

他業界で既にデジタルマーケティング職やマーケティング職の経験がある場合には、アパレル業界のデジタルマーケティング職への転職はとても有利になるでしょう。一方、デジタルマーケター未経験者を採用するアパレル企業は少ないのが現状です。未経験でアパレル企業のデジタルマーケティング職を目指すには、まずアパレル業界のマーケティング職や企画職、営業職などを経験することをお勧めします。そしてここでは、アパレル業界のデジタルマーケティング職への転職に役立つ2つの方法をご紹介します。


1. 大手の転職求人サイトを利用する|アパレル業界のデジタルマーケティング職

転職を考えるときに、まずはインターネットで情報収集をする方が多いのではないでしょうか。大手転職求人サイトは様々な条件の多くの求人を扱っており、自分で検索条件などを絞って探せるので、自分好みの求人にめぐり合う可能性が高いといえるでしょう。転職サイトでデジタルマーケティング職の求人情報を見てイメージを膨らませたうえで、次にご紹介する転職エージェントで相談をすれば効率的な転職活動が行えます。


2. 転職エージェントを積極的に利用する|アパレル業界のデジタルマーケティング職

「アパレル業界専門転職エージェント」の活用は特におすすめです。アパレル業界専門の転職エージェントは、アパレル業界に特化した非公開求人を多数扱っており、また自分の能力や条件にあった求人の紹介、面談の日程調整や面談後のフィードバック、履歴書の添削や面接のアドバイスを無料で行ってくれます。



まとめ

アパレル業界ではデジタルマーケティング人材が圧倒的に不足しています。話題のアプリや最新のツールなどが次々と誕生し、時代にあったマーケティング手法が求められることから、今後もアパレル業界のデジタルマーケターの需要はますます高まることが予想されます。だからこそ、未経験からでも大いに成長のチャンスがあるデジタルマーケティング職は、非常に魅力的な職種ではないでしょうか。